SBHメディカル美容サロン|三木鍼灸整骨院

伊丹市梅ノ木4-5-8

不定休・予約制

「医原病」西洋医学の実際


医療(西洋医学)が原因で病気になることを医原病といいます。実は、最も多い病気がこの医原病なのです。病気を治すための医療が病気を作っています。

医学が最も進んだ国と言われているアメリカにおいての死因第1位をご存知だろうか?
それは、『医原病』で年間78万人も亡くなっているそうです。(2004年)
アメリカの「医師会ジャーナル」において「毎年10万6000人が医学的には正しく処方された薬が原因で死亡している」とある。
医学的には正しいはずなのに、そんなにも死亡しているのでは、その医学が間違っていると判断も可能だろう。

現在の日本はアメリカ式の医療を行っているので、日本も同じ結果になると予想できます。
しかし、不思議なことに日本では、医原病に関する調査すらまともに行われていません。

1973年病院ストライキが決行された。
診察される患者数が約1/10に減少され、1ヵ月続いた。
なんとその間、国内での死亡率が半減した。
なお、1953年にも同様なストライキがありましたが、同様に死亡率が低下しました。

国内外のこのような事実は、日本メディアには出てきません。
しかし、ちゃんと日本では調べてないでだけで、起こってないということではありません。

たまに、鍼灸によって患者さんが死亡したと、全国ネットの情報番組で流れることがあります。
それをやるなら、なぜ何万倍も多く起こっている現代医学によって死亡したニュースを流さないのか疑問でなりません。

Follow me!


PAGE TOP