SBHメディカル美容サロン|三木鍼灸整骨院

伊丹市梅ノ木4-5-8

不定休・予約制

糖質制限お好み焼き


糖尿病などの生活習慣病のため、血糖値を気にしている人は多いでしょう。
そんな人たちでも安心して食べられるお好み焼きが、5月23日大阪で披露されました。

小麦粉の代わりに小麦粉の皮をひいたふすま粉を使い、ぱさつき感や香りを抑えるため豆腐やチーズ、シソなどを生地に入れ、マヨネーズやタラコで作ったソースで頂きます。

糖質は小麦粉を使う場合(40~50g)を遥かに下回る5~9g程度です。

糖質制限を推進する一般社団法人「食・楽・健康協会」は糖質制限お好み焼きを全国に広めたいと意気込んでいます。

昨今、世界中で日本食が健康食として認知されていますが、これは誰にでも当てはまるわけではありません。
マクガバンレポートなどでも日本食は健康食で生活習慣病を改善すると結論付けていますが、その対象は欧米人です。

肉ばかり食べ、タンパク質と脂肪分を過剰に摂取している欧米人が、それらが少なく炭水化物が多い日本食を摂る事は、バランスがよく健康にいいということです。

文化的に炭水化物(糖質)を多く摂取する民族である、私たち日本人は、糖質制限しタンパク質、脂肪分を少し増やすのが、バランスのとれた食事なのではないでしょうか。

余談ですが、
このイベントは、日本糖尿病学会開催中の大阪にて行われました。
同学会は、同学会以外の医師たちが糖質制限に対して有効性を認めているのに、唯一認めていない(最近は少し程度が軟化してきている)団体です。
そこが個人的には面白く感じています。

Follow me!


PAGE TOP