SBHメディカル美容サロン|三木鍼灸整骨院

伊丹市梅ノ木4-5-8

不定休・予約制

慢性活動性EBウィルス感染症と慢性疲労症候群


EBウィルスとは、水疱瘡などの原因のヘルペスウィルスに似たウィルスで、大多数の人が感染を経験しています。
通常は特に問題になりませんが、慢性疲労症候群や脊髄炎、肝炎など様々な疾患の原因となっている可能性があります。

エパステイン・バール・ウィルスと発見者の名前にちなんで名付けられ、通称EBウィルス。

EBウィルスは、上記のような重篤な疾患のみならず、ちょっとした体の不調和、不定愁訴や脳の機能低下にも深く関係しています。

正常に免疫機構が機能が働いているときは、EBウィルスは無害なのですが、何らかの原因で免疫機構が乱れ機能低下した際には、有害になってきますので、
通常は免疫機構が乱れないようにするのが正攻法だと思われます。

しかし、外気功や気当て診断、意識調律などができると、EBウィルスの感染範囲が特定でき、さらに無害化することが可能です。

これらの技術は、EBウィルスやその他のウィルスなどの治療だけでなく、不定愁訴の原因である感情の蓄積やトラウマ、気の滞り、霊障、前世因縁、先祖因縁などの解消にまで応用が利く技術です。

もし、様々な医療機関を回ったけれども、原因が分からず回復しないという場合は、こういった目に見えない技術も試したら良いかも知れません。

Follow me!


PAGE TOP