SBHメディカル美容サロン|三木鍼灸整骨院

伊丹市梅ノ木4-5-8

不定休・予約制

コレステロール低下は病気を招く


コレステロールといえば、諸悪の根源と思っている人は多いと思います。
これは、医療産業界やメディアによって作られたイメージに過ぎず、客観的事実と反します。

日本脂質介入試験という臨床試験において以下のことが行われました。

総コレステロール値が220以上、平均約270の人を5万人を対象に、コレステロール低下剤を6年間使い続けました。

平均で約50低下しました。

最も死亡率が低かったのは220~260の人たち
180未満に低下した人たちの死亡率は
220~260の2,7倍になり約40%が癌で亡くなりました。
これは、癌死亡率が最低であった280以上の人の5倍以上の確立です。
この他、240~260の人たちが最も長寿であったことが判明しています。

コレステロールが高いと、様々な疾患に罹るリスクが低下します。
高すぎれば当然、動脈硬化のリスクは増しますが、そのバランスを取ることが重要になってきます。
つまり、現在のコレステロール基準値が当てにならないということです。

こういった客観的事実を知ってもらうことが、
生活習慣改善に大いに役立つと考えています。
本当のことを知って頂く役に立てれば幸いです。

Follow me!


PAGE TOP