SBHメディカル美容サロン|三木鍼灸整骨院

伊丹市梅ノ木4-5-8

不定休・予約制

50代・Aさん・群発性頭痛


子供を産んで数年後から、定期的に激しい頭痛に襲われるようになりました。
病院にて様々な検査を行っていましたが原因不明で、群発性頭痛と診断されました。
以来、痛み止めを飲みつつ痛みとその恐怖との戦いが続いています。
痛くなるのは2月と6月に限定されており、時期が過ぎると不思議と治まるという事です。

この患者さんは、父の代からの長年の付き合いで、頭痛持ちだとは知っていました。
整体、鍼灸、気功、ヒーリング、除霊とその時で出来る限りをやってきましたが、なかなか有効な対処が出来ませんでした。

当初は霊障が目に付き、除霊を何度もしていましたが、次の日には同じ状態になり、しかも症状も緩和されることはありませんでした。
同じことの繰り返しで埒が開きませんので、何か見落としがあるはずと思い、1年程試行錯誤を続けました。

そんなある日、空間を越えてヒーリング出来るのだから、時間も越えて出来るだろう、今までは過去にのみ原因を求めてヒーリングしてましたが、未来にも原因を求めてみてはと思い付きました。

その視点で、Mさんの時間軸を含めて観たところ、未来の領域にかなりの滞りを感じました。
これを流したところ、周りの雰囲気も急に変わりこれはイケたと直感しました。
Mさんに確認してみると、殆ど症状は改善されていました。
しかし、2~3日しか症状は改善されず、また痛くなりそうな感じがするとのことでした。

霊障も殆ど解消された状態になっており、この場合は霊障よりも根本原因に近いモノに触れたという事だと思います。
これは、根本的な問題解決はMさんの心の判断に委ねられており、痛くなる選択を無意識的に取っているためであると考えます。

例え根本的な解決ではないにしても、症状が軽くなり痛みに怯える事無く過ごせるようになったことは大変意義のある事です。
というのも、人間痛みがあると「痛い、怖い、何とかして」としか考えられなくなり、自己の心に向き合うどころでは無いからです。
痛みを抜くことで、自己の心と向き合う心の余裕が出来ますと、無意識的に痛くなる選択をしているのを止める可能性が高くなります。

医療の本質とはこういった関わりであると私は考えております。

Follow me!


PAGE TOP