SBHメディカル美容サロン|三木鍼灸整骨院

伊丹市梅ノ木4-5-8

不定休・予約制

死ぬ前に語られる後悔


緩和ケアに数年携わった、オーストラリアのBronine Wareさんによると、人間は死の間際しっかり人生を振り返るのだそうです。
患者たちが語る後悔には、共通点が多くあるそうです。

1.「自分自身に忠実に生きればよかった」
他人に望まれるようにではなく、自分らしく生きればよかった。
これが一番多いようです。
人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに気付くのだそうです。
ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま、この世を去らねばならないのは残念なことです。

2.「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くはこれを後悔するそうです。
仕事に時間を費やしすぎ、家族との時間を大切の出来なかった、仕事を言い訳に人間関係構築から、大切なモノから逃げていたと後悔するそうです。

3.「もっと自分の気持ちを表す勇気を持っていたらよかった」
世間で上手くやっていくために感情を殺していた結果、可も無く不可も無い存在で終わってしまった、殺していたのは感情だけでなく、自分自身の人生そのものであったという無念が最後に訪れるようです。

4.「友人関係を続けていけばよかった」
人生最後の数週間、人は友人の本当のありがたさを実感するそうです。
連絡が途絶えてしまったかつての友人に思いをはせて、もっと友人関係を大切にしておくべきだったと、後悔するようです。

5.「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
幸福は自分で選ぶものだと気付いていない人が多いです。
先入観や固定観念に縛られた人生を快適と思っていたこと、変化を無意識に恐れ「選択すること」を避けてきた人生に気付き、後悔しながらこの世を去っていく人が多いようです。

私たちは、あまり死を意識することはありません。
こういったことを機会に生きること、死ぬことについて真剣に考えてみてはどうだろうか。
「今、私はこうしているけど、死ぬ前に振り返って、後悔しないだろうか」と考えたら、大抵の事は些細なことと思えるのではないでしょうか。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP