SBHメディカル美容サロン|三木鍼灸整骨院

伊丹市梅ノ木4-5-8

不定休・予約制

スーパーコンピューター「京」とトーラス


トーラスは自然がすべての規模において使う基本的な型であり、エネルギーの流れはあらゆる規模でトーラスの形をとります。
それは物理学にとどまらずに、今まで以上に現代社会はトーラスを理解しなければなりません。

全ての自然科学分野と物理学分野と科学技術分野と生物科学分野が融合した「トーラス理論」の確立が望まれます。

8万個以上のCPUが搭載されている、とてつもなく大きなシステムであるスーパーコンピューター「京」では、CPU間で計算結果等のデータをやり取りするためのネットワークが、とても重要な役割を果たします。

「京」では8万個以上のCPU間を相互に接続するネットワーク(インターコネクト)に「6次元メッシュ/トーラス」という革新的な構造を持たせました。

「京」のCPUは短時間に非常に多くの計算をすることが出来ます。
計算途中にはCPU間でデータをやり取りする場合がありますが、このデータのやり取りが遅いとCPUがもつ高い計算能力を使い切ることができません。

「京」のネットワーク「6次元メッシュ/トーラス」は隣り合うCPUとの通信経路が多いため、CPU間のデータ通信を最短ルートで、短時間に実施するように設計されており、世界最高速クラスのCPUの計算能力を余すことなく引き出すネットワークとなっています。

「京」のネットワークはトーラス構造体を形成しています。
より多くの計算能力を得るためにはCPU間のデータ通信ネットワークが高次元トーラスになるのは必然と言えるでしょう。

そして人間の持つ想像力を可能にする脳内ネットワークは、さらに高次なトーラス体である。
あらゆる情報を瞬時に、処理し構成し理解し映像化しうる、能力である知力を持つ唯一無二の人間のみが「物質領域と精神領域の融合」を脳神経細胞のトーラスネットワークで果たすことができます。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP