SBHメディカル美容サロン|三木鍼灸整骨院

伊丹市梅ノ木4-5-8

不定休・予約制

カテゴリー: 薬物

  • 医療産業のビジネス拡大戦略

    製薬会社は医師会やマスコミなどと協調して、あらゆる手段で医療に対して、安心安全を植えつけようとしています。 その一つに、「副作用」という概念を作り出す事をしました。 そもそも「副作用」という言い方はおかしな呼び方です。本 […]

  • 水道水の塩素を考える

    私たちの身の回りには毒物で溢れています。 水道水の消毒に使用される塩素もその一つです。 本来は使用自体を控えるべきですが、先進国に住んでいる私たちにとって、それは不可能なことです。 塩素は特有の臭いを持つ黄緑色の気体で、 […]

  • フッ素の危険性を考える

    私たちが日常で使っている物の中に様々な汚染物質が含まれています。 歯磨き粉などでおなじみの、フッ素もその汚染物質の一つです。 フッ素は非常に強い酸化作用があり猛毒です。 骨軟化症、脂肪代謝障害、糖質代謝障害、ガン化促進、 […]

  • 麻疹、ポリオは今日も作られ続ける

    ワクチンは病気の治療に無くてはならないものであるというのが一般的な見解です。 これは、医療産業の大規模なマーケティングによるイメージ戦略の結果に過ぎません。 現在、予防接種に世界中で使われている麻疹ワクチンは、約半世紀前 […]

  • ワクチンは本当に有効?

    ワクチンは病気を未然に防いでくれ、罹ったとしても軽くすむ。 というデータはどこにも有りません。 それどころかワクチンに対する疑惑があり、本当に効果があるのか疑いが出てきても仕方の無い状況です。 近年、ワクチンは効かないと […]

  • 予防接種のエビデンスって?

    予防接種は有効だ、もし罹っても打っていれば軽く済むというのは実は何の科学的根拠がありません。 それどころか大規模で信憑性のある研究結果では、全て予防接種の危険性を示す結果なのです。 一昔前は、予防接種はよく効く、予防接種 […]

  • 医療産業の実態 三種混合ワクチンと自閉症

    ドイツの国民健康調査で約17000人を対象に、ワクチン接種をした子供は、しなかった子供と比較して2倍~5倍もの確率で小児科にかかっている事が判明しましたが主要メディアでは取り上げられませんでした。 主要メディアはあらゆる […]

  • 鎮痛解熱剤は病気を作る

    熱が出ると薬を飲んで熱を下げるのが世の常識となっています。 この安易に熱を下げるという行為は危険な行為であり、鎮痛解熱剤には様々な副作用があります。 常にリスクがあるという認識が必要です。 鎮痛解熱剤は医原病薬です。 人 […]

  • ソマチット「714X」と医療産業

    ガンの治療薬は20世紀中ごろのフランスで開発されました。 「714X」というその薬はあまりの効力ゆえに弾圧され姿を消しました。 フランスのガストン・ネサン博士は20世紀中ごろ、未知の生命体で、地球上の全ての生物やあらゆる […]

  • 胃酸抑制(胃薬)の危険性

    胃酸は強い酸性により殺菌する働きがあります。 また、食物の吸収を助け十分な栄養を確保するのに役立ちます。 胃薬でこれらを抑制することは、人体に大きな不利益をこうむる事になります。 PPI,H2ブロッカー、制酸剤、粘液防御 […]

PAGE TOP